ジョンのニュースブログ

日々気になったことをブログで紹介します。

加護亜依の昔は凄かった!能年玲奈に助言?再婚で誤字だらけ!

      2016/09/24

一般男性との再婚を発表し、大きな話題になっている加護亜依(かご あい)さん。

直筆にて再婚を報告したんですが、漢字が間違っていたことが早速指摘されていましたね。

 

彼女ほど波乱万丈な人生を送っている人も珍しいですよね。

今後、どのような活動をしていくのかも気になるところです。

今回はそんな加護亜依さんにスポットを当て、気になる情報を調べてみました。

 

 

加護亜依のプロフィール


 

加護亜依2

出典:アサ芸プラス

生年月日:1988年2月7日

血液型 :AB型

出身地 :奈良県

職業  :女優、歌手

活動期間:2000年3月~2007年3月、2008年4月~

事務所 :アルカンシェル

出典  :Wikipedia

2000年、「モーニング娘。第3回追加オーディション」に合格し、芸能活動をスタートした加護亜依さん。

当時はまだ12歳だったんですよね。

 

同時期に合格したのが、「石川梨華さん」「吉澤ひとみさん」「辻希美さん」になります。

 

「モーニング娘。」として活動していく一方で、「タンポポ」や「ミニモニ」などの派生ユニットで活躍し、人気を集めていきます。

 

2003年、初のソロ写真集「加護亜依写真集 KAGO ai」を発売。

 

2004年、新ユニット「W(ダブルユー)」を「辻希美」さんとともに結成。

同年、「モーニング娘。」を卒業します。

 

2006年、喫煙問題が発覚し謹慎処分。

 

2007年、またも喫煙問題が発覚し、所属事務所が契約を解除。

「W(ダブルユー)」も事実上解散となりました。

 

2008年、芸能活動を再開。

 

2009年、俳優の水元秀二郎さんとの不倫が発覚。

 

2010年、不倫で訴えられた裁判に出廷せず、200万円の支払命令を受ける。

 

2011年、交際していた男性が、恐喝未遂の疑いで逮捕。

同年、交際していた「安藤陽彦」さんと結婚します。

 

2012年、女児を出産。

 

2013年、芸名騒動が発生。

 

2014年、自身がプロデュースしたガールズユニット「Girls Beat!!」を結成。

 

2015年、夫が傷害容疑で逮捕される。

同年、離婚を発表。

 

2016年、現事務所の「アルカンシェル」へ移籍。

同年、ガールズユニット「Girls Beat」から卒業を発表します。

 

デビューからこれまでの出来事をまとめてみました。

波乱万丈という言葉がぴったり当てはまりますよね(笑)

 

喫煙問題さえなければ、おそらくトップアイドルとして活躍していた彼女。

芸能人というのは、たった一つの出来事で人生が変わることが良く分かりますね。

 

 

加護亜依の昔は凄かった!


 

起こった騒動が大きすぎて、どうしてもそちらの情報に注目が集まってしまう加護亜依さん。

しかし、の彼女の人気は相当凄かったんです。

 

矢口真里さんや辻希美さんとともに結成した「ミニモニ」は、当時絶大な人気を誇っていました。

デビューシングル「ミニモニ。ジャンケンぴょん!」は、オリコン初登場1位を獲得しています。

 

子供向けの曲だったこともあり、子供たちの間でも大ヒット。

ミニモニの振付が流行するなど、社会現象にまで発展しました。

 

中でも「辻希美」さんと彼女は、「辻ちゃん」「加護ちゃん」と親しまれ、圧倒的な人気がありましたね。

子供からお年寄りまで、幅広い層に愛されるアイドルでした。

 

その後、この二人は新ユニット「W(ダブルユー)」を結成。

双子みたいに可愛い二人で、歌もかなり上手なこともあり、「ミニモニ」時代と変わらない人気がありました。

 

しかし、彼女の喫煙騒動で同ユニットは解散。

もし存続していたら、どれだけの人気になっていたんでしょう…。

 

現在でもこのユニットのファンは多いようで、「復活して欲しい」という声も出ているみたいですね。

 

難しいと思いますが、「W(ダブルユー)」が復活すれば、かなりの話題になると思います。

 

 

加護亜依は能年玲奈に助言?


 

加護亜依さんを調べていると、「能年玲奈」さんの名前が挙がってきます。

いったいどういうことなんでしょうか?

 

調べてみると、「能年玲奈」さんの改名に原因があるようです。

 

つい先日、芸名を「のん」に変え、活動していくことを発表した「能年玲奈」さん。

いきなりの改名発表だっただけに、本名の「能年玲奈」が使えなくなっているのでは?と話題になっています。

 

なぜこの話に関連して、彼女の名前が挙がってくるのか?

実は、彼女も同じ経験をしているからなんです。

 

彼女は事務所移籍の際に、「芸名の使用料を請求する」と通達されたことがあるようです。

「加護亜依」は本名なんですが、移籍で揉めるとこういう話になるのは良くあることみたいですね。

 

ただ、彼女は現在でも「加護亜依」を名乗っていますし、この問題を乗り越えています。

よって、「能年玲奈」さんに「助言してあげて」という声が、能年さんのファンから出ているようです。

 

能年玲奈」さんの名前もすごく定着していますし、芸能活動を続けるのであれば、そのままの名前で続けていって欲しいですよね。

いいアドバイスがあれば、能年さんに助け舟を出してあげるといいかもしれません。

 

 

 

加護亜依は再婚で誤字だらけ!


 

加護亜依3

出典:J-CASTニュース

 

つい先日、一般男性との再婚を発表した加護亜依さん。

直筆のFAXで再婚を報告した彼女ですが、誤字だらけと話題になっています。

 

割と綺麗な字を書くんだなと思いつつ読んでいると、なんか違和感を感じるんです。

よく見ると、漢字を間違って書いているんです。

 

  • 拝啓の「拝」に一本横線が足りない
  • 入籍が「入箱」になっている
  • ご報告の「告」の下の口の中心に1本横線がある

 

綺麗な字で書いていただけに、この間違いは残念ですよね。

報告する前に、彼女以外にも見た人はいるでしょうし、何故気づいてあげれなかったんでしょうね。

 

さらに、突然の再婚報告ということもあり、「できちゃった婚」も噂されているみたいです。

真実かどうかは現在分かっていないようですが、今後明らかになっていくと思います。

 

 

再婚という喜ばしい発表のはずが、誤字が話題となってしまった加護亜依さん。

誤字ぐらいは大したことないですし、まずは新しくできた家族と仲良く暮らしていって欲しいですね。

 

「今後も歌手、女優として活動して参ります」と報告していますし、芸能活動は続けるようですね。

彼女の大逆転劇はあるのか?

これからの活動に注目していきたいと思います。

 - タレント